タバコの喫煙や飲酒で婚活や結婚に不利になる理由 | 婚活サイト・結婚相談所のおすすめ比較ランキング(真剣な出会い限定)

婚活サイト・結婚相談所のおすすめ比較ランキング

婚活サイト・結婚相談所のおすすめ比較ランキング(真剣な出会い限定)

タバコの喫煙や飲酒で婚活や結婚に不利になる理由

読了までの目安時間:約8分
タバコの喫煙や飲酒で婚活や結婚に不利になる理由

婚活での結婚相手に求める条件として、喫煙しないことや飲酒しない人を条件として選んでいる人も結構多いです。

 

本当にそうなの?と思われる人もいると思いますが、実際に最近のお見合いの身上書では「喫煙や禁煙、飲酒の有無」の記入欄があるくらいです。

 

飲酒はともかくとして、喫煙については昨今の禁煙ブームからも喫煙者については婚活や結婚では不利に働くことが多いです。

 

そういった意味でも意外と重要な項目なのかもしれませんね。

 

まずは下記から詳細情報をご覧ください。

 

結婚条件としての飲酒と喫煙について

結婚条件としての飲酒と喫煙について

 

近年はタバコの値上げなどによって、男性のヘビースモーカーは減ってきています。

 

それでも喫煙者を結婚対象から除外すると、それだけで意外と多くの男性が対象外になってしまいます。

 

ただ近年の禁煙指向の影響なのか婚活のためにタバコをやめるという男性も増えてきています。

 

男性の場合は喫煙はめずらしくないですが、女性の場合には、女性の喫煙を嫌がる男性は結構多いので注意が必要だと思います。

 

いずれにしてもタバコについては婚活では、マイナス条件になることが多いです。

 

特に女性の場合には将来的に妊娠なども事も考慮する必要があるので、男性からするとタバコを吸わない女性を希望するという気持は理解できます。

 

また最近ではタバコの税金も上昇傾向にあり、これからさらにタバコを吸う人が少なくなってくると思います。

 

そうなるとお金がかかって、健康被害も大きいタバコにについて、婚活や結婚市場ではさらに厳しくなると思います。

タバコを吸う女性の婚活成功の確率とは?

タバコを吸う女性の婚活成功の確率画像

 

タバコを吸う人は男女関係なく少なくなってきている傾向にあります。

 

まあ、あれだけ税金が高くなってしまうとタバコをやめようと思う人が増えるのも当然のことだと思います。

 

実際に近年では男性の喫煙率は3割を下回ったというデータがあります。

 

女性の場合には9.7%になっており、女性の方はほぼ横ばいという状況です。

 

こうした状況でネット調査によるとタバコを吸う女性と「付き合えない」と答えている男性は7割近いというデータがあります。

 

つまりほとんどの男性がタバコを吸っている女性とは付き合えないと考えていることがわかります。

 

付き合うという状況でこのデータなので、いざ結婚相手という婚活視点で考えてみるとさらに低いデータが予想されます。

 

実際に喫煙女性と結婚を考えることができると答えている男性は15%~20%というデータがあります。

 

これはあくまでも結婚を考えることができるという意味で、タバコを吸っている女性がいいというものではないので、実際にはさらに結婚の可能性は低いと思ったほうがいいです。

タバコを吸う喫煙女性と結婚したくない男性側の理由

タバコを吸う喫煙女性と結婚したくない男性側の理由画像

 

タバコを吸うのは男性でも女性も婚活や結婚市場では大きなマイナスですが、具体的にはどういった理由で毛嫌いされているのでしょうか。

 

今更感はありますが、男性がどのようなことを婚活や結婚で重視しているのか知るためにも参考になるのではないでしょうか。

 

喫煙女性と結婚したくない理由

 

・喫煙が不妊に繋がるから

・子どもができた時に悪影響の可能性があるから

・生まれた子どもの健康被害が懸念されるから

・禁煙すると言っても信用できないから

・タバコの臭いが嫌いだから

・自分がタバコを吸わないから

 

上記のような理由が多いようです。

 

こうして見ると妊娠や子どものことを気にして、タバコを吸う女性をNGにしている男性が多いことがわかります。

 

実際にタバコを吸っている両親から生まれた子どもは健康被害にあっていることが多いです。

 

具体的には喘息などがいい例だと思います。実際に私の兄が小児喘息だったのですが、その影響なのか兄はタバコを吸わないですし、これまで付き合った彼女にも喫煙者はいなかったです。

 

まあ、結婚したらタバコをやめるという女性もいると思いますが、喫煙経験のある男性などからは、禁煙の大変さがわかるので信用できないなども意見もあったりして、喫煙女性へは厳しいです。

タバコとお酒は婚活や結婚市場での価値観が違う

タバコとお酒は婚活や結婚市場での価値観が違う画像

 

タバコが婚活や結婚で嫌われるのは何となく理解できると思いますが、お酒の場合にはタバコほどは毛嫌いされてないです。

 

お酒はどちらかが好きな場合、まったく飲めない相手だと、一緒に飲んで楽しめないので困るという話もあります。

 

そういった意味では、酒に溺れるほどではなくても、ほどほどに嗜めるくらいの方が婚活には有利かもしれません。

 

あと近年では酒も煙草もギャンブルもやらないという人がいますが、そういう人は逆に何かおかしな趣味がるのではないかと、私の場合は不安になります。

 

タバコはともかく、お酒くらいはたしなむ程度に飲める女性の方がある意味では安心かもしれませんね。

 

お酒を知らないで結婚して、後からお酒にハマって酒乱が発覚したというのは困りますからね。

婚活前に禁煙した方がいい

婚活前に禁煙した方がいい画像

 

婚活では喫煙は非常に不利なので、できるだけ早めに禁煙してしまった方がいいです。

 

婚活ではウソをついて「タバコを吸ってない」とすることもできますが、そういったウソによって結婚したとしても、そんな最初から信頼関係がない状態で上手くいくとは思えません。

 

また子どものことを考えるとできるだけ早めの禁煙が大事です。

 

妊活前にやめればいいと考えている人もいますが、禁煙しても数年間は有害物質が体に残るので、妊活の直前にやめてもあまり意味はないです。

 

これだけ喫煙者が嫌われる社会になっているので、将来面や健康面を考えてもタバコを吸うメリットはないです。

 

婚活サイトや結婚相談所などでも、喫煙するかどうか聞かれる時代なので、結婚を真剣に考えているなら早めにタバコはやめたほうがいいですね。


結婚相談所おすすめランキング画像

婚活サイトコスパランキング

無料婚活サイトmuryoukonnkatusa-bisu無料恋愛診断

taitoru
kekkonsoudandatapartynet

 

結婚できない趣味や嗜好の習慣

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る