婚活や恋愛で壊れた関係を修復することはできない | 婚活サイト・結婚相談所のおすすめ比較ランキング(真剣な出会い限定)

婚活サイト・結婚相談所のおすすめ比較ランキング

婚活サイト・結婚相談所のおすすめ比較ランキング(真剣な出会い限定)

婚活や恋愛で壊れた関係を修復することはできない

読了までの目安時間:約8分
婚活したいけどコミュニケーションが苦手な場合

彼との関係が壊れてしまった場合に、何とか関係を修復したいと思っている人もいるかもしれないですが、一度壊れてしまった関係というのは修復することはできないと思ったほうがいいかもしれないです。

 

昔は非常に優しかったのに…という場合や、あんなに親切だったのに…と女性はよく思うのですが、男性に限らず、女性の場合も一度離れた気持ちは元には戻らないです。

 

こういった人間関係での失敗は誰にでもあるもので、こういったことを経験して恋愛に慣れていくという側面があります。

 

恋愛や婚活で相手と関係が壊れることは珍しくない

恋愛や婚活で相手と関係が壊れることは珍しくない画像

 

恋愛や婚活で相手との関係が壊れてしまうことは珍しいことではなく、人間関係は意外とあっさりと壊れてしまうものです。

 

そのため普段から関係が壊れないように注意する必要があるのですが、付き合っていて幸せな状態だとそういったことに気が付かないというケースは珍しくないです。

 

実際に手痛い目にあって初めてそのことを実感する人が多いです。

 

関係を修復したい場合、よく自分の中の何が悪かったのか、またどういう行動が彼に嫌われたのか真剣に探し出そうとすると思います。

 

そして相手にその原因を起こさないように今後は気をつけると話して関係を修復しようとすると思いますが、現実的にこれで関係が修復できるということはないです。

 

一時的に関係が修復できたとしてもそれは一時的なことなのです。

 

何かまだ別の問題があった際には、また関係が壊れた際の問題が蒸し返されることもあり、その結果また関係が壊れてしまうということもあります。

少しでも嫌いな要素ができると関係は崩れる

2014y05m12d_161213856

付き合い始めると相手を減点方式で見てしまう人は意外と多いです。

 

特に結婚を意識している関係の場合だと、どうしてもこのような状況が顕著に出てきてしまいます。

 

ただこれが交際する前の話なら、ちょっとくらい嫌われるような行動をしてもその後の好感によって感情を挽回することは可能です。

 

そのため交際前に彼についてしっかりと下調べをすることが大事になってきます。

 

また交際前なら多少嫌われるようなことをしても、何とか挽回することは可能なので、素の自分は付き合う前に見せるようにしたほうがいいと思います。

 

付き合った後にトラブルを起こしたり、嫌われるようなことをした場合には、その部分だけをフォローしても関係の修復は難しいです。

壊れた関係を修復するにはどうすればいい?

壊れた関係を修復する画像

 

人付き合いの中ではケンカしたりトラブルになったりすることも普通にありえます。

 

あまりに壊れすぎた人間関係の場合にはばっさりと諦めてしまった方がいいですが、ちょっとしたケンカやトラブルくらいなら修復する努力はしたほうがいいと思います。

 

婚活や恋愛では基本的な関係修復の方法を行ったとしても効果がない可能性もありますが、やらないよりはやった方がいいのは間違いないです。

 

壊れた関係の基本的な修復方法は3つに分けることができます。

丁寧にしっかりと謝る

相手との関係修復を図るなら丁寧にしっかりと謝るというのは関係修復の入り口になります。

 

人間関係においてはどちらか一方が完全に悪いということは少ないですが、関係修復を図るなら言い訳せずにしっかりと謝るということが必要になってきます。

 

プライドなどもあって、自分が謝ったのだから相手にも謝って欲しいと思う気持ちもあるかもしれないですが、相手に謝罪要求はしないようにしましょう。

 

こちらの謝罪によって相手にも謝罪を求めると、またトラブルの原因になるので、関係修復を考えるならこちらから一方的に謝罪した方がいいです。

相手を責めないようにする

関係修復を図るなら相手を責めないようにすることも大事になります。

 

こちらから謝罪しても何も反応がなかったということも普通にありえます。

 

そうなると「せっかく謝罪したのに!」と激高する人もいますが、それで相手を責めても関係が修復されることはないです。

 

関係修復を願っているなら、謝罪の際には相手を責めずに、その後連絡がなかったとしてもしつこく相手を責めないようにしましょう。

 

謝罪後に時間をおけば相手も冷静になって謝罪を受けて入れてくれる可能性があります。

冷却期間をおくことも大事

婚活などでは冷却期間をおいてもあまり意味はないですが、恋愛においては冷却期間をおくことで相手を冷静にみることができます。

 

トラブルになっている状態で色々な関係修復を行ったとしても、相手が冷静でない場合には逆効果になる可能性があります。

 

そのためある程度冷却期間をおいて、相手が冷静になるまで待つというのは、恋愛関係の関係修復の王道の方法になります。

 

場合によってはこの冷却期間をおくことで、相手も自分も悪かった部分を冷静に見直すことができ、関係修復を図れる可能性があります。

 

とは言っても、あまり冷却期間が長いとそのまま疎遠になってしまう可能性があるので、3ヶ月から6ヶ月くらいを冷却期間の目安にするといいです。

 

冷却期間の間はできるだけメールやLINEなどで連絡しないようにしましょう。

 

連絡などをしないことによって、自分のマイナスイメージをリセットするのが目的なので、連絡などを頻繁にしていては冷却期間の意味がないので、そのあたりは心得ておきましょう。

新しい出会いを検討したほうがいい

2014y06m18d_155914511

人間関係ではこじれた関係を修復するよりも、新しい関係を築くほうが簡単だと言われています。

 

そのため一人の男性と気まずくなったら、他の男性に目を向けることも大事になってきます。

 

特に婚活や恋愛では過去の男性を引きずっても得るものはないです。

 

ただ現実には今の男性と関係が崩れたからといって、すぐに気持ちを切り替えて他の男性に行くというのが難しい場合もあります。

 

そのため思い続けたいのであればそれもいいですが、あくまでそれは片思いです。

 

あなたは彼を思っていてもいいですが、それと並行して新しい恋を見つけることも行うようにしたほうがいいです。

 

婚活や恋愛で大人の女性はこのような彼を思いながらも新しい恋を意識した行動を始める心のタフさが必要になってきます。

 

恋ではこういった女性が勝ち残っていくのだと思ったほうがいいと思います。

 

当サイトでは婚活サイトや結婚相談所の比較情報を下記で載せています。よかったら参考にしてください。


結婚相談所おすすめランキング画像

婚活サイトコスパランキング

無料婚活サイトmuryoukonnkatusa-bisu無料恋愛診断

taitoru
kekkonsoudandatapartynet

 

嫌われそうになった場合

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る