女性は何歳までに結婚しないと危険?結婚限界年齢とは? | 婚活サイト・結婚相談所のおすすめ比較ランキング(真剣な出会い限定)

婚活サイト・結婚相談所のおすすめ比較ランキング

婚活サイト・結婚相談所のおすすめ比較ランキング(真剣な出会い限定)

女性は何歳までに結婚しないと危険?結婚限界年齢とは?

読了までの目安時間:約10分
女性結婚限界年齢何歳

女性の結婚は非常に年齢がシビアな問題で、何歳までに結婚しないと婚活条件が厳しくなるという「結婚限界年齢」というようなものがあります。

 

結婚限界年齢を超えても結婚できないことはないですが、結婚相談所や婚活サイトで婚活を進める際には、「結婚限界年齢」を超えていると条件が厳しくなってきます。

 

この「結婚限界年齢」については男性と女性とで年齢が違ってくるので、男女で分けて考える必要があります。

 

結婚してない女性(未婚化率)は増えている

女性未婚化率

出典:内閣府データ

 

結婚してない女性は年々増えているということがよくわかりますが、ここ数年は横ばいという状況が続いています。

 

これは女性が結婚限界年齢を意識し始めており、婚活に前向きになっている傾向なのかもしれないですね。

 

データを見ると分るのですが、30歳から34歳のデータと35歳から39歳のデータを見るとその差が10%くらいしか違いがないということがわかります。

 

つまり30歳を過ぎてくると格段に結婚できる可能性が小さくなって、30代後半になってもなかなか結婚できないということを表しているのではないでしょうか?

 

20代後半と30代前半で大きなデータの差があることから、多くの女性は20代で後半で結婚しているということがわかります。

 

こうしたことを踏まえて女性の結婚限界年齢はどれくらいになってくるのでしょうか?

女性の結婚限界年齢は35歳が目安になる

未婚女性データ

出典:政府統計の総合窓口

 

女性の場合には35歳を超えてくると未婚率の減りが鈍化してくるので結婚しにくいという状況が分りやすく顕著になってきます。

 

35歳からのデータを見ると明らかに結婚している女性の数が鈍化しているのが分るので結婚が難しくなっているということがデータからも良くわかります。

 

こうしたことからもできるだけ35歳までに結婚できるように計画的に婚活を進めることが大事になってきます。

 

では、どうして女性は35歳を過ぎてくると結婚しにくくなるという状況が生まれてくるのでしょうか?

女性の結婚限界年齢が35歳の理由

女性の結婚限界年齢が35歳の理由

 

女性の結婚は年齢と非常に大きな相関関係があり、年齢が上がれば上がるほど結婚率は下がっていきます。

 

そうした中で、35歳を過ぎると一気に結婚できる可能性が小さくなってくるので、35歳が「結婚限界年齢」という一つの目安になってきます。

 

男性が35歳以上の女性を結婚候補として選ばなくなる理由がいくつかあります。

35歳を過ぎると容姿が衰える

人によって差はありますが、35歳を過ぎてくると、どうしても20代の頃と比べると肌のツヤが衰えたりシワなどが目立ってきてしまいます。

 

結婚は容姿で決まるのもではないですが、それでもやはり若い人と比べたら男性は容姿の優れた若い女性に目がいってしまいますよね。

 

実際に35歳を過ぎると男性はオジサンと思われ、女性はオバサンと思われてしまう年齢です。そのため婚活条件から外す人も多いです。

 

30代後半になってくると急に老いが酷くなってくるという人も多いので、容姿をしっかりと保つ努力は大事になってきます。

婚活サイトなどの検索条件システムによって除外

婚活サイトなどを利用する場合、年齢の区切りが「30歳~34歳」「35歳~39歳」という感じになっている所が多く、多くの人は「30歳~34歳」までを選択します。

 

そのため35歳になると、30代前半の年齢ゾーンから外れてしまって一気に婚活サイトなどでの検索条件から除外されます。

 

検索条件から除外されたら、それだけ男性からアプローチも減ることになってしまうので、出会いの可能性も小さくなります。

 

婚活サイトの場合には比較的若い人が多く利用しているものなので、年齢が高くなってくると、どうしてもアプローチが少なくなってきます。

 

男性の場合には検索条件に年収などの収入が大きな要素として絡んでくるので、年齢が35歳を過ぎてもアプローチはありますが、女性の場合にはそういった要素がないので、どうしても年齢がネックになってしまいます。

35歳を過ぎると高齢出産になる

おそらく男性が35歳以上の女性を避ける一番大きな原因は「35歳を過ぎると高齢出産」ということがわかっているからだと思います。

 

結婚意欲の強い男性の多くは、結婚して将来的には子供が欲しいと思っている人が多いです。

 

そのため出産リスクが小さい若い女性を選びたいと思うのは当然のことです。

 

男性からすると、母子健康に赤ちゃんを産んで欲しいと思うのは当然のことなので、妊娠や出産のリスクが急に大きくなる35歳以上の女性を婚活対象から除外するというのは仕方のないことです。

結婚限界年齢を意識した婚活方法を行おう!

結婚限界年齢女性婚活方法

 

婚活の結婚限界年齢が35歳になっているという理由は上記のようなことから分ると思いますので、結婚限界年齢を逆算して婚活を行うようにすると計画的に婚活を進めることができます。

 

そのため34歳とかギリギリの年齢から婚活を行うというのはあまりオススメしません。

 

遅くても32歳から33歳くらいまでには婚活を開始できるような状況にしておくことが大事です。

 

女性の場合には、時期を見計らうというよりは、できるだけ早く婚活に参加したほうが有利ですし、選択する条件が大きく違ってきます。

 

特に女性の場合は年収とかは関係なく、単純に年齢が大きなアドバンテージになるので、婚活に早く参加した方が勝ち組になれる可能性が高くなります。

 

将来結婚して子供が欲しいと思っているなら、遅くても30歳になった時点で婚活を見据えた活動を行うようにするといいです。

結婚限界年齢近くの女性は結婚相談所で婚活しよう

結婚限界年齢近くの女性は結婚相談所で婚活

 

婚活方法は色々あり、結婚相談所、婚活サイトや婚活パーティー、婚活バスツアーなど色々なバリエーションの婚活方法があります。

 

その中で35歳近くの結婚限界年齢近くの女性や、結婚限界年齢を過ぎている女性が利用すべきなのは結婚相談所です。

 

婚活サイトや婚活パーティーは比較的若い人が多い婚活サービスなので、若い女性が多くライバルが強いので止めておいた方がいいです。

 

逆に婚活バスツアーは利用している年齢層が高すぎるのでマッチする可能性は高くないです。

 

そのため結婚限界年齢近くの人や超えている人は結婚相談所を利用するのがベストだと思います。

結婚相談所を利用する若い女性は少ない

結婚相談所を利用する大きなメリットは、若い女性が多くないということです。

 

35歳くらいの結婚限界年齢近くの女性にとって一番大きな敵は「若い女性」です。正直言って若い女性とまともに戦っても勝てないです。

 

そのため「若い女性」が少ない戦場で婚活をするのが一番結婚の可能性を高めてくれます。

 

結婚相談所は料金が比較的高額なので、若い女性は経済的に利用するのが難しいです。

 

そのため若い女性は料金の安い婚活サイトや婚活パーティーを利用するケースが多く、結婚相談所はあまり利用しないです。

結婚相談所には結婚意欲の高い男性が多い

結婚限界年齢近くの女性が結婚相談所を利用した方がいい理由のもう一つは、結婚相談所には結婚意欲の強い男性が多いということです。

 

婚活サイトや婚活パーティーって料金が安いので、何となく出会いを求めてそこまで結婚意欲が強くない男性も参加していることがあります。

 

しかし結婚相談所は料金が高額なので、本当に結婚したいと思っている男性しか利用しないです。

 

また結婚相談所には収入審査などもあり、ある程度の収入がないと利用できないということはもちろんですが、結婚相談所の費用を払うことができるくらいの経済力のある男性がいるということになります。

 

また老舗の結婚相談所では、大手企業の福利厚生で提携しているところもあり、一流企業から男性を集めている「ツヴァイ」のような結婚相談所もあります。

 

そのため結婚相談所の男性は結婚意欲が強いのはもちろんですが、スペックが高い男性が多いので、結婚限界年齢近くの女性には非常にオススメです。

 

当サイトではオススメの結婚相談所をいくつか載せているのでよかったら参考にしてください。


結婚相談所おすすめランキング画像

婚活サイトコスパランキング

無料婚活サイトmuryoukonnkatusa-bisu無料恋愛診断

taitoru
kekkonsoudandatapartynet

 

婚活の現在状況とは

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る