婚活で結婚する方法をアドバイス!

結婚相談所と婚活サイトのおすすめ比較ランキング(真剣な出会い限定)

婚活の始め方

婚活での女性の服装とは?婚活モテ服徹底解説

更新日:

婚活で実際に男性と会う際には服装選びは非常に大事な部分です。

やはり最初に会う際の第一印象って非常に重要な部分で、第一印象によって、その出会いが成功に終わるか?失敗に終わるか左右されるくらいです。

実際に人の印象は3秒で決まるとさえ言われているので、その印象が着ていく服装によって違ってくることを考えると、安易に洋服を決めることができないというのも納得するのではないでしょうか?

では結婚相談所や婚活パーティーなどで相手と会う場合に女性はどのような服装選びをすればいいのでしょうか?

人によって好みなどもあると思いますが、ある程度共通認識でいいとされているファッションがあるので紹介していこうと思います。

男性の場合だとスーツ着用すればいいのでそこまで迷うことはないと思いますが、女性の場合の婚活パーティーなどでの服装選びは悩む人が多いと思いますので参考にしてください。

婚活で成功する女性の服装選びの方法

婚活で成功する女性の服装選びの方法画像

婚活パーティーや結婚相談所でのお見合いの時も、前に紹介したプロフィール写真の時と同じで、華やかで曲線を意識したファッションを心がけるといいと思います。

具体的にはヒールのある靴を履き、フリルのブラウスとフレアスカート等の組み合わせや、ワンピースを着て揺れるアクセサリーなどで、アクセントをつけてみたりするのもいいと思います。

またスーツを着る場合は、テーラードタイプの堅いスーツよりはシャネルタイプのものを選ぶといいと思います。

できるだけ直線的にならないように曲線を意識するのが結婚相談所でのお見合いや婚活パーティーなどでの成功する女性の服装になります。

意外と難しいことはないので結婚相談所でのお見合いや婚活パーティーなどでどのような服装選びをしたらいいのか悩んでいるのなら参考にしてみてください。

パンツスーツは避けたほうがいい?

働く女性にとってパンツスーツは制服のようなものではないでしょうか。

パンツスーツはデキる女性を演出するためのビジネスシーンには最適な服装なのではないでしょうか。

実際にその直線的な服のイメージから、同姓からはカッコイイと憧れのまなざしを向けられると思います。

ただ、こういった格好は仕事上では上手な演出が可能ですが、お見合いの時や男性と会うときには女らしさを意識したファッションをするようにしましょう。

普段の職業にもよりますが、パンツスーツのような直線的な服装を普段から着ている女性が、曲線の多い服を着るようにすると、男性の目線が変わってきます。

婚活の服装ではブランド物は利用し過ぎないように!

婚活の服装ではブランド物は利用し過ぎない画像

婚活での服装で意外とやりがちなのが高級ブランドを中心にコーディネートしてしまうことです。

確かに高級ブランドを中心に服装を固めていくとキレイに見えるかもしれないですが、こういった服装をしていると男性の側からすると「家計を任せるのが怖い」と感じてしまいます。

当然といえば当然ですよね。高級ブランドで婚活の場に来られると、そういった服装ばかり持っていると思われても仕方がないです。

結婚後に借金していることがわかったり、浪費癖があることがわかったなどのことがあったら男性として結婚そのものが失敗と感じますからね。

高級ブランドの服を着ていれば男性が素敵に思ってくれると思ったら、それは逆効果なので勘違いしないようにしましょう。

露出度の高い服装は控えておこう

露出度の高い服装は控えておこう画像

結婚相談所のお見合いや婚活パーティーなどでは当たり前ではありますが、露出度の高い服装は避けるようにしましょう。

合コンなどなら露出度が高い服装で気合を入れるのもいいですが、婚活で露出度の高い服装はそぐわないです。

男性側からすると、結婚相手を探す場所で露出度の高い服を着てこられると、貞操観念を疑われるきっかけになりかねないです。

まあ、合コンなどではないのだから地味すぎず派手過ぎない服装を選ぶようにするといいです。

こういった結婚相談所のお見合いや婚活パーティーの服装から、モラルや常識度などをチェックされていると思ったほうがいいかもしれないですね。

結婚相手なら最低限の常識やTPOなどをわきまえている人を選ぶのは当然のことです。

あくまで目安ですが、スカートなら膝辺りの長さの丈を、結婚相談所のお見合いや婚活パーティーでの一つの露出度の基準とするといいと思います。

婚活の服装は年相応でギャップを見せるのがコツ

婚活の服装は年相応でギャップを見せるのがコツ画像

婚活で必要以上に自分を若く見せようとして服装を工夫している女性がいますが、それは間違った婚活ファッションです。

若く見せたい気持ちはわかりますけど、20代と同じファッションをして頑張ってみても、20代の男性からは興味はもたれません

後ろから見て20代の女性だと見ても、追い越して前を見たら、オバさんと思われるだけで逆にがっかりされるのがオチです。

ファッションに興味を持つことは非常に大事なことではありますが、流行を自分なりに取り入れて、年相応のファッションができるひとが、自分にふさわしい相手を見つけることができるのです。

一方でお見合いにまったく化粧っ気のない顔で平気で来る人もいます。

肌がきれいな10代や20代前半なら問題ないですが、30歳を超えたらTPOではないですが、最低限の化粧はするようにしましょう。

すっぴんは若く見られるし、男性はすっぴんの方が好きな人が多いでしょ。と思っている人もいますが、それは若い女性の場合です。

ある程度の年齢の女性で、化粧っ気がないと「女を捨てている」とみなされてしまいます。

ただメリハリをつけるのもいい手だと思います。

普段はすっぴんでも、特別な日にはバッチリと決めていくと言う方法です。

いわゆるギャップを使った方法です。

普段はすっぴんでも、会社のパーティーなどでオシャレをしていくと、これまでは単なる同僚だと思われていても、いきなり女を意識させることができます。

婚活の服装で参考になるファッション雑誌とは?

婚活の服装で参考になるファッション雑誌画像

婚活の服装で意識した方がいい直線的な服や曲線的な服はファッション雑誌によっても多く載っているのが違ってきます。

例えば小学館系の「OGGI」や「DOMANI」、「PRESCIOS」などは動きやすくて、仕事に向いたビジネスや同姓にウケるファッションを中心に紹介しています。

一方で「VERY」や光文社の「CLASSY」、「STORY」などはオシャレできれいな感じで男性ウケするようなファッションが中心になります。

こうしてみると小学館は直線的な服装が多く、光文社は曲線的な服装が多いと言うことがわかります。

もしよく読んでいるファッション誌が小学館系ばかりだったら、男性と会うときは光文社系のファッションを取り入れるようにすると普段とのギャップが出て効果的です。

ちょっとした服装の変化でも十分に印象は変わるので、是非試してみてはどうでしょうか。

婚活はで服装だけでなくしぐさも演出しよう!

婚活はで服装だけでなくしぐさも演出画像

婚活パーティーや結婚相談所のお見合いでもある程度の自分演出は必要です。

男っぽいサバサバとした性格でも、外見はあくまで女らしくするようにするといいです。

身体をひねるポーズや男性にアピールするしぐさや会話や身だしなみを意識するといいです。

ちなみに椅子に両肘をかけて座るなどはしないほうがいいです。勇ましく見えてしまいます。

こういったしぐさが普段からできればいいですが、少なくとも婚活パーティーや結婚相談所でのお見合い等の席では自分を女らしく演出するといいです。

こういったことは慣れないと、ずっと維持するのは大変かもしれませんが、これも場数をこなすと普通にできるようになります。

そう言った意味でも断る前提でも、できるだけ相手と会うようにして慣れていくことも大切です。

キレイなしぐさや外見というのはある程度は作ることができるので、やるかやらないかが大事になってきます。

※服装やしぐさは自分で作れるもの

自分で演出できることはしっかりと行うようにしましょう!せっかくできることなのでやれることはやるべきです。

最初は面倒に感じたり、大変だと思うかもしれませんが、慣れてくるとそれが当たり前になってくるので苦にならなくなってきます。やるかやらないかで変わってくる部分なので疎かにしないようにしましょう。

結婚相談所おすすめランキング

結婚相談所ランキング

婚活サイトおすすめランキング

婚活サイトランキング

-婚活の始め方

Copyright© 結婚相談所と婚活サイトのおすすめ比較ランキング(真剣な出会い限定) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.