恋愛や婚活の失敗を反省しすぎると結婚できない | 婚活サイト・結婚相談所のおすすめ比較ランキング(真剣な出会い限定)

婚活サイト・結婚相談所のおすすめ比較ランキング

婚活サイト・結婚相談所のおすすめ比較ランキング(真剣な出会い限定)

恋愛や婚活の失敗を反省しすぎると結婚できない

読了までの目安時間:約5分

恋愛や婚活で失敗するというのはほとんどの人が経験することの一つになります。そんな恋愛の失敗ですが、彼が出来にくい女性には恋愛での失敗で反省し過ぎるような傾向が強いようです。

 

婚活ではさらに異性から断られることが多くなので精神的なタフさが必要になってきます。フラれる事に慣れるのも婚活や恋愛では大事なことです。

 

恋愛や婚活で失敗することで反省して勉強するようなことをするのはいいことではありますが、男性との関係で上手くいかなかった際に、勉強してその理由を自分の中に探そうとする人がいます。

 

具体的な例をあげると「私が彼を思いやれなかった」とか反省ばかりしているような状況ですね。

 

ただ反省ばかりしていて無理に理由を自分の中に探そうとしてないかということです。

 

実際には「相手との相性が悪かった」ということや「好みのタイプでなかったから」ということかもしれないです。

 

そういった理由かもしれないのに的外れの反省をして、あなたの良さが失われてしまっては意味がないです。結婚したいならあまり深く考えずに次のことを考えるようにしたほうが建設的です。

 

反省するのはいいことですが、程々にしたほうがいいです。恋愛や婚活は理屈ではないのですから。

恋愛や婚活では反省がいいことだとは限らない

2015y01m26d_141213265

反省することはいいことだと思う人も結構多いと思いますが、ある程度のバランスが大事だということです。

 

例えば数年前のたった一度のアタックに失敗してずっと引きずって反省ばかりして新しい一歩を踏み出せない場合はどうでしょうか?

 

実際にこういったタイプの人は結構いるのではないでしょうか?どちらかというと男性にこういったタイプは多いかもしれないですね。

 

婚活や恋愛では深く考えずに前を向いてどんどん進んでいる人の方が成功しやすい傾向にあります。

 

実際にずっと反省してしまっているような場合に出会いなんてあるわけがないです。

 

反省は一人で行うことができるので、苦にならない人にとっては逃げ道になっている可能性もあります。

 

結婚したいと思う異性と出会うには、それなりにこれまでの異性と出会いと別れを繰り返して行く必要があります。そういった意味ではフラれることにもある程度慣れておく必要があります。

 

新しい出会いを求めるというのは非常にリスキーな行為で傷つく可能性はありますが、それでも出て行かないと新しい出会いに結びつく可能性はないです。

婚活や恋愛で好かれない理由を探してもしょうがない

2014y10m05d_151958353

誰かと上手くいかなかったときに「自分が悪かった」と思うのは、自分が傷つかないようにするための方便にすぎないです。

自分が悪かったのだから、相手に嫌われるのはしょうがないことだと納得することができるからです。

 

しかし本当はあなたの中の性格や行動が嫌われたのではなく、あなた自身が嫌われたことを認める必要があります。

 

自分が好かれないということには誰でも抵抗がありますが、恋とはそういったもので、好かれないことや嫌われることは日常茶飯のことです。

 

実際に好かれないというのは誰にでも起こることで、あなたに限ったことではないということです。

 

恋においては理屈抜きに好かれたり、嫌われたりするのは普通のことです。

 

そもそもすべての男性に好かれるなんてことは不可能なことだし、あなたも望んでないですよね?

 

人には好みがあって、理屈抜きに嫌われることなんて良くあることです。そこで無理に反省しても意味のないことです。

 

反省はほどほどにして、恋愛に積極的に取り組むための第一歩を踏み出すほうが大事なことです。

 

もしどうしても自分の恋愛や婚活などについて検証したいと思っているのなら下記の婚活サービス会社が提供している登録なしで利用できる無料恋愛診断を利用して見てはどうでしょうか。

 

恋愛占いと違って婚活会社が出している根拠のある恋愛診断なので非常に精度が高くて説明が的確です。無料で試せるのでよかったら試してみてください。


結婚相談所おすすめランキング画像

婚活サイトコスパランキング

無料婚活サイトmuryoukonnkatusa-bisu無料恋愛診断

taitoru
kekkonsoudandatapartynet

 

出会いの場での心得

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る